FC2ブログ

記事一覧

異世界召喚は二度目です(1)

人生で2度目のインフルエンザにかかりました。

1度目が昨年で、僕の数少ない売りであった
「人生でインフルエンザにかかったことがない」が33年で途切れたのですが、
2年連続でかかってしまったことで、むしろこれからは毎年かかりそうな予感です。

こんな時になんでも治せる魔法が使えたら……

そんな思いの中布団で読んだ37作品目の作品がコチラ――

IMG_1575.jpg

異世界召喚は二度目です(1)
岸本 和葉 (著)
40原 (イラスト)
出版社: 双葉社 (2015/10/30)


【書誌(アマゾンより流用)】
かつて異世界へと勇者召喚され、その世界を救った男がいた。
もちろん男はモテるようになり、異世界リア充(?)となる。
ところが男は「罠」にハメられ、元の世界へと強制送還。
おまけに赤ん坊からやり直すことに―。
これは、ちょっぴり暗めの高校生・須崎雪としていまを生きる元勇者が、
まさかまさかの展開で、再び異世界へと召喚されてしまう、
ファンタスティックでロマンあふれる男の冒険譚!!
書き下ろし番外編「輝くは朝日、決意は夕陽」を収録した
「小説家になろう」発、痛快バトルファンタジー第1弾!



この手の小説お馴染みなのですが、主人公めっちゃ強いです。

僕のかかったインフルも彼なら一瞬で治すでしょう。
(というかまずかからない)

そしてめっちゃモテます。

様々なタイプの美女にモテまくりです。

K-1ファイターよりモテます。


物語はもちろんファンタジー世界なのですが、
コロッケ・魚の白身フライが主人公の得意料理として描かれているのは印象深く、
1冊の本を読み終わったときに「そういえば〇〇美味しそうだったな。よし食ってみるか」
と思わせれば勝ちな気もします。


そしてもし自分が転生して何度も人生をやり直しているうちにチートキャラになったとしたら……


たぶん今の自分とは違い相当なオラオラ野郎になってしまうでしょう。

そんなただのオラオラ野郎の物語なんてたぶん読んでも気持ち悪いだけなので、
やっぱり物語をうまくまとめて1冊にしている小説というのは大切なんです。

それは間違いないはず…です!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント